• そろそろ、部活のこれからを話しませんか
    試し読み

    教師の過酷な勤務実態、体罰・暴言問題等により、部活への関心が高まっている。日本独自の文化である部活は、そもそもどうして生まれたのか。いま何が問題で、これからどうすべきなのか。部活研究の第一人者がやさしく解説。

    [推薦]
    ★内田 良さん(教育社会学者、名古屋大学准教授)
    「冷静だけどアツイ! 部活の「過去」を最もよく知る研究者が、ついに「未来」の実践に向けて語りだした!」

    ★荻上チキさん(評論家、「シノドス」編集長)
    「体罰、休日出勤、強制加入――。「ブラック部活」の汚名を返上しなくては。教師も生徒も、地域も保護者も幸せになるための、「部活のこれから」がここにある!」

  • 築地移転の闇をひらく
    試し読み

    多大な疑惑が噴出する築地市場移転の経緯と問題点を整理。食の安心・安全と、「世界の築地」を守る意義を語る。

  • 生きたかった
    試し読み

    重度障害者のみを狙った史上最悪の事件をどう受け止めるべきか。各分野の専門家と当事者・支援者たちの声を編んだ緊急出版。

  • つながり、変える 私たちの立憲政治
    試し読み

    史上はじめて参議院1人区すべてで立憲4党の野党共闘を実現した著者が選挙戦総括と衆院選へ向けいっそうの市民参加を呼び掛ける

  • 日米安保と戦争法に代わる選択肢 
    試し読み

    安保と改憲をめぐる攻防の歴史をふまえ、対米従属を断ち切り、アジアに安定をもたらす、平和憲法を真に実現する道筋を提示する。

  • 資本主義を超える マルクス理論入門
    試し読み

    革命、経済、歴史に関する基礎理論を解説し、女性/家族、エコロジー、ナショナリズムなど現代の問題をマルクスの視点から考察。

  • 増補版 赤ペンチェック 自民党憲法改正草案

    改憲勢力が両院の3分の2を確保し、いよいよ安倍首相悲願の憲法改正に着手?自民党の改憲草案を逐条で解説、その問題点を指摘して大好評を得た旧版に、最新の情勢と今後発議が想定される条項の解説などを加筆して緊急出版。

  • バーニー・サンダース自伝
    試し読み

    推薦=荻上チキさん(評論家・「シノドス」編集長)
    「サンダース旋風は、世界に足りない「もうひとつの理想」を浮き彫りにした。
    その姿をつまびらかにする注目の一冊」

    ★無料サンプル版PDFを配布中!

  • 認知症の私からあなたへ

    「認知症になって生活は不便になったけど、不幸せではありません、ぼくは幸せです」
    佐藤雅彦さんのこの言葉を聞いたとき、ぼくの心は揺さぶられました。
    ――鎌田 實(医師・作家)

    知恵と工夫で一人暮らしを続けてきた著者による、勇気と励ましに満ちたメッセージ。

  • 数と音楽
    試し読み

    音楽の中には数学がひそんでいる!?

    リズムと分数、和音と整数比の関係など驚きが満載。

    ロングセラー『音楽と数学の交差』の第2弾。

新刊書籍