自由主義と社会主義の規範理論

価値理念のマルクス的分析

リバタリアニズム、コミュニタリアニズム、平等自由主義……。現代規範理論において、マルクスの社会主義はどう位置づけられるのか?

著者 松井 暁
ジャンル 哲学・思想・心理
出版年月日 2012/12/21
ISBN 9784272430949
判型・ページ数 A5・472ページ
定価 本体4,500円+税

ジョン・ロールズの『正義論』以来、自由・平等・正義といった価値を根源的に考察し、「望ましい社会」が満たすべき基準を探究してきた、現代の規範理論。その到達点をふまえて、マルクスの資本主義批判と社会主義論を解釈しなおし、「自由主義の発展としての社会主義」を構想する。

第1章  自由主義と社会主義の規範理論

第2章  社会主義規範理論の分析

第3章  正 義

第4章  所 有

第5章  自 由

第6章  平 等

第7章  功 利

第8章  コミュニティ

第9章  疎 外

第10章  自由主義の発展としての社会主義

SHOPPING ご注文

4,500円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加