高卒5年 どう生き、これからどう生きるのか

若者たちが今〈大人になる〉とは

高校3年の秋から卒業5年目まで、7年におよぶ追跡調査をもとに大都市で懸命に生きる若者たちの成長過程とその意味を描く。

著者 乾 彰夫
ジャンル 政治・社会・労働
教育・保育・子育て
出版年月日 2013/07/19
ISBN 9784272350391
判型・ページ数 4-6・368ページ
定価 本体3,000円+税

学生生活や就職の悩み、労働の過酷化と離転職、家族との葛藤、そしてコミュニティの支え…。高校3年の秋から卒業5年目まで、7年におよぶ追跡調査をもとに、大都市で懸命に生きる若者たちの成長過程とその意味を描く。

序 章 若者たちの移行に寄り添う(乾彰夫)
第1章 「大人になること」について(木戸口正宏)
第2章 アイデンティティ形成における職業的な教育・研修プログラムの機能──正規雇用就職者の仕事をめぐる展望に着目して(船山万里子)
第3章 若年女性と性的サービス労働(杉田真衣)
第4章 家族を支える女性たち──若者の移行とケアワーク(宮島 基)
第5章 男性のジェンダー/セクシュアリティ意識と進路選択・将来展望(渡辺大輔)
第6章 ネットワーク形成・維持の基盤(藤井[南出]吉祥)
第7章 若者は大学生活で何を得たのか?──大学生活の構造とその意義(児島功和)
第8章 調査におけるインタビュアーと調査対象者のかかわり(上間陽子)
第9章 データの収集・分析のプロセスと本調査の方法的特徴(中村[新井]清二)
終 章 若者たちの七年の成長と自信(乾彰夫)

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

3,000円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍