どんなに障害が重くとも

1960年代・島田療育園の挑戦

障害の重い子の「救済」から、発達と教育の「保障」へと転換した1960年代。その時代に島田療育園が果たした実践的役割を検証。

著者 明神 もと子
ジャンル 社会福祉・社会保障
出版年月日 2015/01/20
ISBN 9784272360833
判型・ページ数 4-6・264ページ
定価 本体1,800円+税

1960年代は重症心身障害児施設がつくられ、すべての子どもの就学保障にむかって、療育の試みがなされた萌芽期であった。その10年間に島田療育園が果たした役割は何であったかを実践的・理論的に問い直し、今日的課題を提示する。

1 1960年代の障害の重い子どもの状況
2 島田療育園の誕生
3 島田療育園の光景
4 重症児の幸せとは
5 守られなかった子どもたち
6 重症児の発達をどうとらえたか
7 重症児の医療と介護
8 療育条件と実践
9 学習と生活の指導
10 重症児の医療・福祉から教育へ

SHOPPING ご注文

1,800円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍