“記憶”と生きる

元「慰安婦」姜徳景の生涯

映画『“記憶”と生きる』今夏公開予定! 韓国における「慰安婦」問題のシンボルだった姜徳景の半生を追った記録。

著者 土井 敏邦
ジャンル 政治・社会・労働
出版年月日 2015/04/20
ISBN 9784272521067
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 本体1,800円+税

本書は韓国における「慰安婦」運動のシンボルだった姜徳景の半生を追った記録である。1994年12月から、肺がんで死去する直前の97年1月までの生活と語りを記録し、さらに独自に姜徳景の足跡をたどる現地取材をおこなった。

映画『“記憶”と生きる』公式サイト
http://www.doi-toshikuni.net/j/kioku/

はじめに

第1章 ナヌムの家
死の床/姜徳景との出会い/撮影開始/ナヌムの家のハルモニたち/ナヌムの家の日常生活

第2章 女子挺身隊
少女時代/「女子挺身隊」の痕跡/寄宿舎生活

第3章 「慰安所」生活
強姦/「慰安所」/再訪/解放と妊娠/出産

第4章 悔恨
帰郷/子どもの死/屈折した加害者への心情/「コバヤシ」捜し

第5章 求婚の拒絶
弟・姜炳熈/求婚を拒む秘密/自殺未遂/米軍基地での仕事

第6章 同棲
ソウル上京/隠された同棲生活/愛人の死と堕落/封印されたもう一つの「同棲生活」

第7章 告白
荒んだ農園生活/初めての告白/元「慰安婦」としての申告

第8章 金順徳
金順徳の「慰安婦」生活/〝申告〟の逡巡/自尊心

第9章 「償い金」
ナヌムの家の不協和音/「慰安婦」問題のシンボル

第10章 伝達と表現
ドキュメンタリー映画『低い声』/絵画で訴える元「慰安婦」

第11章 最期
肺がん末期の宣告/ナヌムの家再訪/最後のたたかい

あとがき

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

1,800円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加