おばあちゃん、おじいちゃんを知る本③ こんなとき、どうする? 介助と救急

歩行介助は斜め後ろ、のどにつまったら、着替えはマヒのあるほうから、寝返りを手伝うコツなど、子どもにできるサポートを図解。

著者 望月 彬也 監修
小島 喜孝
矢部 広明
江頭 恵子
水野 あきら
ジャンル 児童・ヤングアダルト
出版年月日 2015/09/24
ISBN 9784272402977
判型・ページ数 B5・40ページ
定価 本体2,500円+税

歩行介助は斜め後ろを歩く、のどにもちがつまったら、着替えはマヒのあるほうから、寝返りを手伝うコツ、おふろは2番目になど、子どもにできる高齢者へのサポート、注意しておくチェックポイントやちょっとしたコツを図解する。

【続巻】
・1巻 しわがふえ、しらがになるのはなぜ?―生命と老化(2016年1月刊)
・2巻 どうしてすぐに忘れちゃうの?―認知症と病気(2015年11月刊)
・4巻 おとしよりをささえる―施設と制度(2016年3月刊)

街でおとしよりを見かけたら 
歩行介助はななめうしろに立って 
つえは悪い足の反対側の手で持つ 
車いすを押すときの注意 
立ちくらみをふせぐにはゆっくりおきあがる
転ばないように、バランス感覚を高める 
おばあちゃんは骨折しやすい
のどに物がつまって息ができないとき 
入れ歯を飲みこんでしまうことも多い
食べるよろこびを大切に
自助具を利用して、「自分でできること」を大切に
着がえは痛みやマヒのあるほうから
おふろは2番めか3番めに
寝返りを手伝うコツ
トイレのお手伝いはプライドを大切にして 
低温やけどに注意
心臓が痛い・苦しい 
けいれんが起きたら 
ボランティアに参加してみよう

SHOPPING ご注文

2,500円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍