唯物論研究年誌第20号 生活を〈守る〉思想

支配層の強権主義的な政治に抗する動きのなかから、人々の生活を〈守る〉ために、新たに立ちのぼる思想の可能性をつかむ。

著者 唯物論研究協会
ジャンル 定期刊行物
出版年月日 2015/10/20
ISBN 9784272439102
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体3,500円+税
【特集=生活を〈守る〉思想】
政治的「物語」の思想としての保守主義(石井潔)
グローバリズムへの自民党リベラル派の対応とその困難―政治家・加藤紘一の言動に即して(山本公徳)
地方自治理念の今日的意義を探る―長野県阿智村での実践をふまえて(岡庭一雄)
ひとり親たちの生活哲学―地方都市B市の公営住宅における子育て世帯へのインタビュー調査から(松田洋介) 
民主主義の最前線で社会を取り戻す―「オール大阪」と草の根の大衆運動(布川淑)
インタヴュー 都市大阪の再生は含羞の文化から(木津川計)

【思想のフロンティア】
ピケティ・企業過剰貯蓄・「イノベーション」(森原康仁)
イギリス保守政権による福祉削減と福祉受給者のスティグマ化(鈴木宗徳) 

【レヴュー・エッセイ】
貧困の不可視化に抗う―鈴木大介『最貧困女子』に見る女性の貧困の最底辺(小尾晴美) 
オルタナティブの象徴としての「里山」、恭順の記号としての「資本主義」―『里山資本主義』を読む(南有哲) 

【研究論文】
一八世紀ドイツにおける二つの理性―〈健全な理性〉と〈推論的理性〉の区別とその優劣をめぐって(小谷英生)

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

3,500円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加