月刊 クレスコ 12月号(no.177)

著者 クレスコ編集委員会 全日本教職員組合(全教)
ジャンル 定期刊行物
出版年月日 2015/11/25
ISBN 9784272793778
判型・ページ数 B5・48ページ
定価 本体476円+税

特集=教育費の無償化を――ゆきとどいた教育の実現のために


2015年7月8日、教育再生実行会議が安倍首相に提出した「教育立国実現のための教育投資・教育財源の在り方について(第8次提言)」は、「人間の強靭化」「高度人材の育成」「一人ひとりの生産性の向上」など、企業に奉仕する「人材育成」を露骨に目標とした財政措置を考えるものとなっており、どの子にとっても学ぶ機会が保障されるものとはなっていません。
2012年、日本政府は高校・大学までの段階的な無償化を定めた国際人権A規約13条2項(b)(C)の留保を撤回し、「無償教育の漸進的な導入」を進めることを国際的に宣言しました。しかし、日本の教育への公的支出(対GDP比)は3.8%で、OECD加盟国の中では5年連続最下位です(2011年)。OECD平均並みの5.6%まで段階的に引き上げていけば、小・中・高校の35人以下学級の実現のみならず、一人ひとりにゆきとどいた教育を保障するための教育条件整備と、公立・私立ともに就学前から大学まで教育の無償化を進めることが可能となります。
本特集では、家庭の経済力によって進学・学業をあきらめることなく、子どもたちが自己の能力を発達させることができるよう、教育費の無償化について考えてみたいと思います。


【総論】教育条件整備・教育無償化の意義と課題……三輪定宣
【公立高校の現場では】「高等学校等修学支援金制度」などの問題点……森泉 孝
【保護者負担軽減のとりくみ】保護者負担金の軽減に向けて……兵庫教職員組合・事務職員部
【就職問題】自衛隊入隊を進路に選ぶ高校生の実態……酒田 孝
【奨学金問題】若者を取り巻く奨学金の現状……太田伸二
【学生たちの生活実態】学費に翻弄される子どもたち……鈴木敏則
【自治体でのとりくみ】京都・伊根町で義務教育無償化が実現……大谷 功
【高校生のとりくみ】私立高校生が描く未来予想図「もしも学費が無償になったら」……山口直之
【教育費無償化の運動と課題】お金の心配なく学べる学校へ……浅田明日香


《私の出会った先生》「高校生集会」をやってみないか……内山新吾
《みややっこの憲法的日常》歴史の中の2015年……飯田美弥子
《世界の取材現場から見た日本》戦争に奉仕する学問研究が拡大する恐れは?……金平茂紀
《スマホ時代の教師が知っておきたいこと》不登校生が変わった……竹内和雄
《ちょっと気になる子どもたちの“いま”》失礼しま~す(職員室にて)……オレンジ式部
《栄養教諭のお手軽レシピ》……「花野菜のゴマドレサラダ」「ブロッコリーの香り和え」猪瀬里美
《子どもの本のもつちから》包み紙をめぐる家族のお話……清水眞砂子
《本との対話》図書館は民主主義のためにある……今井郁代
《子どもたちの生きる世界と向き合う》教職員が一緒になって……谷川恭一
《教育最前線》大阪における異常な競争教育の克服にむけて……末光章浩
《みんなで学ぼう! 出産・子育て》「検査してもらってください」……和田 浩
《名画に出会う》石田徹也「燃料補給のような食事」……堀尾真紀子
《この映画見ましたか?》「広河隆一 人間の戦場」……海南友子
萩トモローの笑学校


撮影校 京都市立紫野高等学校



定期購読の申し込みはこちらから (全日本教職員組合のホームページ)

SHOPPING ご注文

476円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍