新刊

そもそもなぜをサイエンス 5

食べものはなぜくさるのか

食物がくさるのは、細菌などが栄養を取り入れて別の物質に変えてしまうからです。有機物→細菌→無機物→有機物の循環を図解。

著者 山崎 慶太
大橋 慶子
ジャンル 児童・ヤングアダルト
出版年月日 2017/01/20
ISBN 9784272409457
判型・ページ数 A4変・40ページ
定価 本体2,400円+税

食べものがくさるのは、細菌などが栄養を取り入れて別の物質に変えてしまう からです。カビや酸素も食べものをくさらせます。くさってもおいしく食べら れるものもあります(発酵)。有機物→細菌→無機物→有機物の循環を図解。

食べものは、かならずくさる
食べものは水と有機物からできている 
「くさる」とは食べものが別の有機物に変化すること
くさるとくさいタンパク質
食べものをくさらせる原因は細菌
細菌がいなければくさらない-パスツールの発見 
食べものをくさらせるもうひとつの原因―カビ
くさったものを食べたら、かならずおなかをこわす? 
くさっていなくてもおなかをこわす-食中毒 
くさっても食べられるもの
コウジカビによる発酵-米を甘酒に、大豆をみそに変える
酵母菌は糖をアルコールに、乳酸菌は糖を乳酸に変える 
酸素も食べものをくさらせる
くさる、さびる、老化―みんな酸化現象 
細菌やカビを殺し、酸素を取り除いて、くさらせない
細菌やカビをふやさない工夫-干もの、冷蔵、くんせい 
生きている生物がくさらないわけ 
皮ふに1兆個、大腸には1000兆個の細菌がいる
もしも、細菌やカビがいなかったら

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

2,400円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加