試し読み
新刊

生きたかった

相模原障害者殺傷事件が問いかけるもの

重度障害者のみを狙った史上最悪の事件をどう受け止めるべきか。各分野の専門家と当事者・支援者たちの声を編んだ緊急出版。

著者 藤井 克徳
池上 洋通
石川 満
井上 英夫
ジャンル 社会福祉・社会保障
出版年月日 2016/12/16
ISBN 9784272360888
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 本体1,400円+税

重度障害者のみを狙った史上最悪の殺傷事件を私たちはどう受け止めるべきか。福祉・医療制度の盲点、自治体と国の責任、そして社会に根深く残る差別と優生思想。各分野の専門家と当事者・支援者たちの声を編んで緊急出版する。

はじめに――黙っていてはいけない 3
1 日本社会のあり方を根本から問い、犠牲者に報いるために ……藤井克徳 11
2 相模原障害者施設殺傷事件に潜む「選別」と「排除」の論理 ……福島 智 26
3 精神科医の立場から相模原事件をどう見るか ……香山リカ 53
4 相模原事件の背景と自治体・国の責任 ……石川 満 76
5 相模原事件の根源を問う――人権保障の視点から ……井上英夫 104
6 共生の社会を地域からつくるために ……池上洋通 124
正面から向きあい続ける――あとがきにかえて 144
〈コラム〉当事者・家族・支援者の声
資料編

SHOPPING ご注文

1,400円+税

試し読み

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍