試し読み

築地移転の闇をひらく

多大な疑惑が噴出する築地市場移転の経緯と問題点を整理。食の安心・安全と、「世界の築地」を守る意義を語る。

著者 中澤 誠
水谷 和子
宇都宮 健児
ジャンル 政治・社会・労働
出版年月日 2016/12/26
ISBN 9784272330898
判型・ページ数 A5・128ページ
定価 本体1,200円+税

豊洲新市場の「盛り土のウソ」発覚以後、土壌汚染隠しや設計上の不備、東京都の不透明な策定過程など、多大な疑惑が噴出する築地移転。その経緯と問題点を整理。食の安心・安全と、「世界の築地」を守る意義を語る。

第1部 問題だらけの豊洲新市場
1 浮上した豊洲新市場問題
2 市場関係者の声を無視した移転計画
3 なぜ地下空間がつくられたのか――「盛り土あり」から「盛り土なし」へ
4 なぜ汚染は残ったか--豊洲工場と汚染物質
5 まだまだある、使えない豊洲新市場の現状
第2部 築地移転問題の真相を読む
1 築地市場の豊洲への移転は何のため?
2 重層的な利権構造
3 アウトラインを描けたのは誰か? 
第3部 築地市場の再生へ--日本の宝を守る
1 豊洲移転は中止しかない
2 卸売市場はなぜ大切か――規制緩和による変貌の中で
3 都政を変え、築地市場を再生させる

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

1,200円+税

試し読み

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍