試し読み
新刊

そろそろ、部活のこれからを話しませんか

未来のための部活講義

日本独自の文化である部活は、そもそもどうして生まれたのか。いま何が問題で、これからどうすべきなのか。世界初の部活入門書。

著者 中澤 篤史
ジャンル 教育・保育・子育て
出版年月日 2017/02/20
ISBN 9784272412297
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,800円+税

教師の過酷な勤務実態、体罰・暴言問題等により、部活への関心が高まっている。日本独自の文化である部活は、そもそもどうして生まれたのか。いま何が問題で、これからどうすべきなのか。部活研究の第一人者がやさしく解説。

[推薦]
内田 良さん(教育社会学者、名古屋大学准教授)
「冷静だけどアツイ! 部活の「過去」を最もよく知る研究者が、ついに「未来」の実践に向けて語りだした!」

荻上チキさん(評論家、「シノドス」編集長)
「体罰、休日出勤、強制加入――。「ブラック部活」の汚名を返上しなくては。教師も生徒も、地域も保護者も幸せになるための、「部活のこれから」がここにある!」

第1章 なぜ部活は成立しているのか
第2章 部活はいつ始まったのか
第3章 なぜ部活は拡大したのか
第4章 いま部活はどうなっているのか
第5章 部活の政策は何をしてきたのか
第6章 生徒の生命を守れるか――死亡事故と体罰・暴力
第7章 教師の生活を守れるか――苛酷な勤務状況
第8章 生徒は部活にどう向き合っているか
第9章 部活の未来をどうデザインするか
コラム多数

SHOPPING ご注文

1,800円+税

試し読み

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加