試し読み
新刊

社会権

人権を実現するもの

社会権を軽視し、豊かな福祉の実現を阻んできた日本の法学・社会理論を批判的に検証し、社会権再生の意義を示しだす。

著者 竹内 章郎
吉崎 祥司
ジャンル 政治・社会・労働
出版年月日 2017/03/21
ISBN 9784272431007
判型・ページ数 4-6・368ページ
定価 本体3,600円+税

生存権を掲げる憲法25条がありながら、格差や不平等、自由の抑圧が放置され、豊かな福祉が実現しないのは何故なのか? 社会権を軽視してきた日本の法理論などを批判的に検証し、社会権再生の意義を理論的に示しだす。

はじめに――社会権とは何か、なぜ再構築が必要か?
第Ⅰ部 近代主義的な権利思想の問題性――自由権・市民権の偏重と社会権の相対化
第1章 近代主義的な人権論の限界――社会的自由主義からの問い
第2章 市民権に呪縛された法思想の困難
補論 ハーバーマス思想の市民権/法依存
第3章 近代主義的な社会権論の隘路
第Ⅱ部 社会権思想の歴史的・現代的意義
第4章 自立・自律の再定義――社会的自由主義から社会権思想へ
第5章 格差・差別・不平等への対抗――人権論の再興に向けて
第6章 将来社会の展望と社会権
第Ⅲ部 社会権の新たな基礎づけに向けて――社会権再生の核心
第7章 社会権の歴史的・現実的根拠
第8章 社会権の再構築へ

SHOPPING ご注文

3,600円+税

試し読み

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加