近刊

新聞奨学生 奪われる学生生活

朝夕の配達に集金、慢性的な睡眠不足。必修科目も取れず、退会時即返納義務のために辞められない。過酷で矛盾に満ちた実態を描く。

著者 横山 真
ジャンル 政治・社会・労働
出版年月日 2018/02/15
ISBN 9784272310524
判型・ページ数 4-6・176ページ
定価 本体1,600円+税
貧困な若者の救済か、搾取か、求人詐欺か?

朝夕の配達に毎月の集金、慢性的な睡眠不足を抱え、学びたい授業や必修科目さえ取れず、サークル活動を楽しむ時間もない。しかも退会時即返納義務のために辞められない。

そんな過酷で矛盾に満ちた体験をもとに、その実態を描く。
はじめに 新聞奨学生しか道がなかった私
1 希望と不安の大学入学
2 新聞奨学生制度とは?
3 過酷な労働と生活のリアル
4 奪われる「学生生活」
5 新聞奨学生の日々
6 辞めていく人たち、辞められない人たち――学生に必要な奨学制度とは

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

1,600円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加