新刊

非暴力の人物伝 1

マハトマ・ガンディー/阿波根昌鴻 支配とたたかった人びと

圧政や差別に非暴力でたちむかった人物の伝記シリーズ。1巻は非暴力主義の代名詞ガンディーと沖縄で米軍に抵抗した阿波根昌鴻。

著者 たから しげる
堀切 リエ
ジャンル 児童・ヤングアダルト
出版年月日 2018/07/13
ISBN 9784272409815
判型・ページ数 4-6・168ページ
定価 本体1,800円+税

歴史上、理不尽な圧政や差別に非暴力でたちむかった人物を描く全5巻の伝記シリーズ!


第1巻は非暴力主義の代名詞であるマハトマ・ガンディーと、
沖縄で米軍による土地強奪に抵抗した阿波根昌鴻の生涯をとりあげる。

小学校高学年から。


第2巻 チャップリン/パブロ・ピカソ――表現の自由をまもった人びと
第3巻 田中正造/ワンガリ・マータイ――環境破壊とたたかった人びと
第4巻 キング牧師/ネルソン・マンデラ――人種差別にたちむかった人びと
第5巻 平塚らいてう/萱野茂――女性・先住民の権利をもとめた人びと



シリーズ序文吉岡 忍(日本ペンクラブ会長)

   シリーズ『非暴力の人物伝』刊行によせて

 強くなりたい、という気持ちはだれにでもあります。その気持ちが向上心となって、きみたちを勉強やスポーツにかり立てることもあれば、もしかしたら教室のみんなを腕力で従わせたいとか、世界を支配したいなどと夢見させたりするかもしれません。
 人間の歴史をふり返ってみると、大きな武力や権力、あるいはお金の力をもった国や集団が、領土や資源をもとめて戦争をはじめたり、他国や他の集団から利益をしぼり取ったり、文化や宗教や性別のちがいを理由に差別したり、ということが少なくありませんでした。
 もしきみたちが、そんな時代に生きていたら、と考えてみてください。戦争で攻めこまれたり、持っているものをうばわれたり、差別されたりする側にいたとすれば、その力こぶや腕力でたちむかえますか。
 でも、そういう時代を生き抜いてきた人たちがいます。この人たちは、自分のなかにある力を、腕力や暴力ではなく、知識や知恵としてたくわえ、信念や信条として語り、やさしさや友情や愛や、ときにはユーモアとして広めていきました。その行動は時代をこえ、国境をこえて広がっていきました。
 こうした非暴力の活動こそが、理不尽な支配を終わらせ、人びとの心にしみついた、にくしみや偏見をときほぐし、ことばによっておたがいを説得し、理解しあう民主主義への道を一歩一歩ふみかためてきたのでした。
 非暴力――それは世界を大きく変えた力でした。いったいそれはどんな力なのか、どういう人たちが切りひらいてきたのでしょうか。
 さあ、この新しい力の扉を開けてみましょう。

                      日本ペンクラブ会長 吉岡 忍

●インド独立を非暴力でかちとった マハトマ・ガンディー

 序章 サティヤーグラハとは
 1 少年時代
 2 南アフリカで
 3 インドへ帰る
 4 塩の行進
 5 インド独立と暗殺
  年表
  関連人物コラム:ジャワハルラール・ネルー/ダライ・ラマ14世


●「命こそ宝」をかかげ土地を守った 阿波根昌鴻

 序章 沖縄のガンディー
 1 とにかく勉強がしたかった
 2 土地をうばった米軍
 3 人間としてのたたかい
 4 米軍との根くらべ
 5 命を生かしあう道
  年表
  関連人物コラム:ヘンリー・デイヴィッド・ソロー/内村 鑑三

関連書籍

SHOPPING ご注文

1,800円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍