新刊

科学がひらくスマート農業・漁業 1

人工衛星とITで米づくり

人工衛星とITを使った自動運転の田植機、ドローンでイネの生長をとらえ、コンバインで稲刈りと脱穀。近未来の農業の姿を紹介。

著者 大谷 隆二
小泉 光久
ジャンル 児童・ヤングアダルト
出版年月日 2018/09/14
ISBN 9784272409266
判型・ページ数 A4変・40ページ
定価 本体2,600円+税

実用化されつつある近未来の農業・漁業の姿を紹介する全4巻シリーズ

第1巻は近未来の米作り!

人工衛星とITを使って自動運転の機械で田植えをし、
ドローンでイネの刈り取り時期を調べ、コンバインで稲刈りと脱穀を同時におこなう。
籾摺りや精米もコンピュータ制御の機械だ。


第2巻 野菜とフルーツを工場でつくる
第3巻 肉とミルク、卵をつくる新技術
第4巻 魚をそだてる海の牧場

1 最新技術で未来をひらく
  ●ドローンでとらえる米の生長
  ●イネの生長観察に使われるセンサーのしくみ
  ●人工衛星を使って収穫の時期を色分け
  ●GNSSで精密農業
  ●自動運転の時代がやってきた
  ●最新鋭コンバインで見える化農業
  ●米作りに使われているGNSSのしくみ
  ●スマート農業と米作りの未来
  ●遺伝子をとらえて米を改良

2いろいろな米作りに生かされる技術
  ●中山間地農業の機械化
  ●技術と機械が支える2年3作と乾田直まき
  ●最新施設で米の保管・精米
  ●農作業に合わせて進歩した機械
  
3地域社会とともにすすめる米作り
  ●震災から立ち直って、新しい農業へ
  ●若者たちの米作りへの挑戦
  ●コシヒカリの里の米作り
  
4米作り小事典

SHOPPING ご注文

2,600円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加