学力と新自由主義

「自己責任」から「共に生きる」学力へ

著者 佐貫浩
ジャンル 教育・保育・子育て
出版年月日 2009/02/20
ISBN 9784272412006
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
政府もマスコミも一体となった「学力向上」の狂騒は、はたして子どもたちに「生きる力」を与えたのか? 専門家から高い評価を受けた『新自由主義教育改革』に続き、長年の研究を踏まえた学力像の捉え直しと「自己責任」を克服する教育のあり方を提言します。
序 いま、学力をどう議論すべきか
第Ⅰ部 「生きる力」とコミュニケーション
 第一章 教育改革をめぐる対抗の構図
 第二章 新学習指導要領の学力観
 第三章 教育実践としてのコミュニケーションの創造
 第四章 コミュニケーションと道徳性 ――エンパワーメントとしての道徳性を構想する
第Ⅱ部 「学力」とは何か
 第一章 「学力」把握のためのモデル
 第二章 基礎的学力と基礎的知識
 第三章 習熟 ――知識を生きる力へと組み替えるプロセス
 第四章 学習意欲 ――競争の意欲から参加・共同の意欲へ
 補 章 学力をめぐる論争の系譜
第Ⅲ部 「共に生きる力」に向けて
 第一章 「意識化」と教師の役割
 第二章 「思想化」と公共性
 第三章 学力像の転換と学校の再生 ――大阪・私立千代田高校の実践から
あとがき

SHOPPING ご注文

2,500円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍