傷を愛せるか

トラウマに向き合う精神科医のエッセイ集

著者 宮地尚子
ジャンル 哲学・思想・心理
出版年月日 2010/01/20
ISBN 9784272420124
判型・ページ数 4-6・176ページ
定価 本体2,000円+税

傷を愛することはむずかしい。傷は醜い。傷はみじめである。ただ、傷をなかったことには、しないでいたい――。

トラウマ、ジェンダー、セクシュアリティをテーマに研究する一方、ドメスティック・バイオレンスや性暴力被害者へのカウンセリングにも取り組んできた著者が、旅先で、臨床現場で、傷ついた人たちの心に触れながら綴った、温かいエッセイ23篇。

Ⅰ 内なる海、内なる空
 なにもできなくても
 ◯(エン)=縁なるもの
 モレノの教会
 水の中
 内なる海
 泡盛の瓶
 だれかが自分のために祈ってくれるということ
 予言・約束・夢

Ⅱ クロスする感性
 開くこと、閉じること
 競争と幸せ
 ブルーオーシャンと寒村の海
 冬の受難と楽しみ
 宿命論と因果論
 ホスピタリティと感情労働
 右も左もわからない人たち
 弱さを抱えたままの強さ
 女らしさと男らしさ
 動物と人間
 見えるものと見えないもの
 捨てるものと残すもの
 ソウル・ファミリー、魂の家族
 人生の軌跡

Ⅲ 傷のある風景
 傷を愛せるか

SHOPPING ご注文

2,000円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍