茨城県近代美術館で「丸沼芸術の森所蔵 ベン・シャーン展」開催中

20世紀アメリカを代表する画家ベン・シャーン(1898-1969)の初期から晩年までの作品を網羅した、「丸沼芸術の森」の珠玉のコレクションを一堂に集めた展覧会が、4月25日から茨城県近代美術館で開催中です。

5月23日には、小社刊『ベン・シャーンを追いかけて』の著者・永田浩三さんによる講演会「共感・共振の画家~ベン・シャーンの人生をたどる不思議な旅~」も開催予定です。

一貫して人種差別や迫害、貧困などのテーマに取り組み、震える線と力強い構成力による絵画やグラフィックデザインを数多く残したベン・シャーンの作品に触れることができる貴重な機会です。

第五福竜丸事件に取材した「ラッキードラゴン」シリーズや、ドイツの詩人リルケの『マルテの手記』に基づく版画集などの代表作の展示もあります!

■日時:4月25日(土)~7月5日(日) 9:30~17:00
■場所:茨城県近代美術館
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/information/access/index.html
■観覧料:一般1,080円/高大生850円/小中生480円
※満70歳以上の方、障害者手帳等をご持参の方、高校生以下(土曜日のみ)無料

▼展覧会の内容について、詳しくはこちらをご覧ください
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/kikaku/index.html

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加